燎庵のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 文庫本:”夜想曲集”カズオ・イシグロ著

<<   作成日時 : 2017/10/07 05:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、ノーベル文学賞受賞が決まった日系イギリス人、

カズオ・イシグロ氏の作品である。副題として「音楽と夕暮れを

めぐる五編の物語」となっており、土屋政雄氏の翻訳版である。

 過去(6年前)にブログで彼の作品、”日の名残り”などを読んで

いて、若干の感想を述べているが、この文庫本については読み

かけのままになっていた。ニュースで朗報を聞いて、本棚から

取り出したのである。

 そして改めて、五編目の”チェリスト”を読んでみた。まるで映画の

ような構成になっているので、容易にいろいろな場面が想像できた。

若いチェリストと彼を指導するわけありの女性との物語が展開して

ゆき、穏やかに読むことができて楽しめた。

 感想としては、やはりカズオ・イシグロ氏による外国文学の領域

にあって興味深かった、というものである。



日の名残り【電子書籍】[ カズオ イシグロ ]
楽天Kobo電子書籍ストア
短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だっ

楽天市場 by 日の名残り【電子書籍】[ カズオ イシグロ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文庫本:”夜想曲集”カズオ・イシグロ著 燎庵のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる